STAFF BLOG
ブログTOPへ

LR Baggs venue DI入荷★

12/08/05 17:07

アコースティックギタリストの
一番のストレスはライブ時の音創り。

好みのトーンを創るのは大変です。音を求めて行くうちに生音からかけ離れたサウンドになるパターンは決して少なくありません。楽器と弾き手によってのみ創られる生のサウンドが本来のギターの素晴らしさではないでしょうか。

サウンドを決める上で非常に重要なのがプリアンプです。

優秀なプリアンプとしてだけでなくライブやレコーディングなどのシビアなシチュエーションで必須のD.I.を兼ね備え、楽器本来の音を忠実に出力します。これは重要なポイントであり純粋なプリアンプとしての素晴らしさに驚きます。これらのモデルには色々なコントロールが付いていますが、必要不可欠なスペック以外ありません。これ1つでOKです。ギターだけでなくあらゆるアコースティック楽器にお勧めいたします。

D.I.の必要性。

通常ライブではXLRケーブルを使用し卓/ミキサーに出力しPAからサウンドを出します。外部ノイズの干渉、音の信号のピュアさ、音のレンジの広さ等が通常のケーブルを使うより優れている為です。両モデルに共通のD.I.アウトからこのXLRケーブルを使ってミキサーへ出力します。

Post a Comment

楽器の高価買取、出張買取は楽器買取ネットへお気軽にお問い合わせ下さい。無料査定いたします。

2019/08/23[09:22:27]